FC2ブログ

as I am

移転しました!


【お知らせ】コメント欄URLについて

2009年8月ごろから、
コメントのURL欄にアドレスを入れると投稿できなくなる
という現象が起きていました。

今までURLを入れないで投稿して頂いていたのですが
やっと今日、URL入りでも投稿できるようになりました。

今までご迷惑をおかけしました(>_<)

今後ともよろしくお願いします。

ついでに、原因を追記に記載しました。
興味のある方、同じ現象が起きていて困っている方がもしいらしたらどうぞ。


続きはこちら >>



夢のコラボ

創作菓子を開発してみたくなって、
春休みの暇にまかせてちょっとやってみました。

【緑茶チーズケーキを作ってみた】

手持ちのお菓子の本の、べイクドチーズケーキのレシピを参考にしました。
薄力粉を入れるのと同じタイミングで、
ミルサーで粉末にした茶葉を大さじ一杯ほど、投入。
それ以外はレシピ通りに作りました。

…レシピ通りのつもりだったのですが、焼こうとして気づきました。

砂糖の量を間違えた…!!

15g少なくしてしまいました。かといって足すわけにもいかず
そのまま焼いてしまいました。

作っていて、緑茶の香りとチーズが意外と合う、と気付きました。
この香りが焼いても残るのでしょうか。



完成品はこちら。うっすら緑色になった!

早速食べてみました。
緑茶の味はあまりしませんが、香りがなんとなくする、と母が言っていましたが
作っているときさんざん緑茶の香りをかいでいた私には、もはや分かりませんでした…w
緑茶風味を利かせるなら、もうちょっと入れないとダメかなぁ と思います。
でもリベンジはしばらくしない。クリームチーズ高いんだもん。。

そんなわけで、普通に美味しかったです。
砂糖が少ない分、チーズそのものの味が生きていました。
そういうことにしておきたい。

ただ、下のクッキー生地がボロボロになってしまったのが残念。
市販のバタークッキーを砕いて、バターと牛乳を加えてほぐして
そこに敷き詰めて一度焼いたのですが。。

失敗の原因はふたつ考えられます。
1.牛乳が多すぎて固まらなかった
2.チーズケーキが焼きあがってから型を外すまで時間がたってしまい、
  蒸発するはずだった水分をクッキーが吸ってしまった
もしまた作ることがあったら気をつけます。

同じ本を使ってガトーショコラも作りました。父の誕生日ケーキです。
これは去年のバレンタインとまったく同じなので、写真を撮っていません。
今回も良く膨らんだのに、粗熱をとっているうちに半分ぐらいに凹んでいきましたw

ちなみに使った本は、
「とりあえずこの料理さえ作れれば」というシリーズの「基本のお菓子」です。
その名の通り、載っているのは基本のお菓子ばかり。
シンプルなレイアウトで、ひとつひとつの手順に写真がついていて
とても見やすく分かりやすい。630円なのにかなり使える子です。

本当に役立つので、このシリーズの和食・洋食・中華をそろえようかな、と思っています。


3日間だけの店員

以前にも書いた、手芸屋さんでの棚卸アルバイト。
3日間の勤務を無事終了しました。

1日目と2日目は営業中に在庫整理のお仕事。
私は毛糸売り場担当でした。

ご存知の方もいるとは思いますが、
毛糸は一袋に10玉(メーカー・種類によっては5玉)入っています。
袋を開けて好きな数購入することができるので、
ほうっておくと中途半端な数しか入っていない袋だらけになります。
そんな袋を集めて、出来るだけ同じ色・同じ生産ロットのものが入るようにしながら
10玉の袋を作っていきます。

それをひたすら2日間行いました。

普通の売り場だったので、質問をしてくるお客さんもたくさん。
手芸屋さんってあんなにお客さんからの質問が多いんだ…と思いました。

やる前は、売場担当の社員さんに回せばいいやと思っていたのですが
実際やってみると、社員さんの少ないこと!

毛糸担当でも、生地のほうに行っていたり。
フロアにひとりしかいなかったり。

お客さんには、
「私では分からないので、カウンターにいる社員に質問してみてください」
と言って対応していたのですが
「ひとりしかいないし忙しそうで聞けない」と言われてしまったことも何回か。

生地売場にはパートさんもいたのですが、毛糸のことは良く分からないらしく。

小さいころからときどき利用していたのですが、こんなに店員少なかったっけ?
レジは明らかに減っているのが分かりましたが…
専門店なんだし、パートでもいいから詳しい人をもっと置いて欲しいものです。

最終日はお店を閉めての棚卸。
紙にひたすら商品名・値段・数を記入していきます。

途中で端末を使っての棚卸もしました。
バーコードを読み取って、個数を入力するだけ。

こっちのほうが簡単でした。
紙だと商品名がはっきり分からなかったり、値段が書いていなかったりする場合に
どう書いていいか困ってしまったのですが、
端末だとバーコードを読みさえすれば勝手に値段を出してくれるので。

慣れてくると面白かったです。
端末を使わせてもらえるなら、ぜひ来年の棚卸もやりたいと思うほどでしたw

この日は文房具が主な担当でしたが、画材や刺繍糸、レースなどもちょっとやりました。

こうして勤務を終えて、お客さんに戻りました。
毛糸とかレースとか見ていると、だんだん欲しくなってきて…
こんなに安く売っているんだったら買いにくればよかった!と思いました。。
また近々利用することになりそうですw


< New



Copyright ©as I am. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.